ゆりまりパパの家ブログ

子どもの話、ミサワホーム蔵のある家の二世帯住宅や日常生活などの話をします。都内在住、7歳と4歳の娘がいます。

私の生い立ち(病気について)

4歳の次女のハロウィン熱

昨日、妻から仕事中に携帯に電話が。 仕事中に妻から電話があるのはかなり珍しいので、何かあったかなと心配して電話に出ると。 妻:まーちゃんがどうしてもハロウィンしたいらしい。早く帰って来れる? とのこと。 帰り道にすごく大きなハロウィンの飾りをし…

堀ちえみさんも特発性大腿骨頭壊死症

本日のスポーツニッポンに、坂口憲二さんに続き、堀ちえみさんも特発性大腿骨頭壊死症だという記事がありました。 記事の内容は4日放送のTBS「爆報!THEフライデー」に出演した際に、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」を患っていることをテレビで…

坂口憲二さん 無期限活動停止

坂口憲二さんは私の5つ上の高校の先輩にあたります。かなり昔は悪かったと伝説が。 今日のスポーツ新聞の芸能面に大きくこんな記事が! 特発性大腿骨頭壊死症になり、手術を3年前にしたけれども、まだ完全調子ではないとのことです。彼の選んだ手術の方法は…

病気を通じて得たもの

突発性難聴で右耳の聴力を、特発性大腿骨頭壊死症で両足の股関節が人工股関節に。 これらの病気を通じて得たものを紹介します。 得たもの1 集中力 突発性難聴になって方耳しか聞こえなくなったことで人の話をよく聞くという習慣がつきました。元々、メモ魔だ…

両足人工股関節置換手術とリハビリ

何度かに分けて、中学受験→就職活動→おかしな人事→突発性難聴→特発性大腿骨頭壊死症という流れでしたが、今日は手術とその後について書きます。 私が人工股関節の手術を受けたのは日産厚生玉川病院の松原先生のところで受けました。 手術日は妻の誕生日。私…

ステロイドの副作用 突発性難聴から特発性大腿骨頭壊死症へ

幼少期から、社会人までの間について書いてきましたが、今回は突発性難聴の治療で使ったステロイドの副作用から特発性大腿骨頭壊死症になった話をします。 www.yurimaripapa.club 突発性難聴は、正直ついていなかったなということで自分の中では解釈をして、…

社会人になってから突発性難聴に。

子供から大学時代の続きを。 www.yurimaripapa.club 社会人になって入社2年は名古屋に。内勤の仕事でした。毎週土曜日に早朝野球、日曜日に社会人の3部リーグの草サッカーをしてました。 お酒は飲める方だったので、同期の中では夜の飲み会担当なと勝手に振…

子供から大学時代まで

電車に揺られてるゆりまりパパです。 このブログを私が書いていると知ってる人は、妻を含めて6人です。 子供の成長の記録と、高い買い物マイホーム購入の時の参考にと、ボロボロの体でも家を建てられるんだ。 ということを書くつもりでしたが、体の事につい…

やっと帰宅 明日からはちょっとだけ私のことを書きます。

ほろ酔いのゆりまりパパです。泥酔じゃありません。 ここ大事です。 今日は大学時代の友人と飲んできました。 久しぶりに飲んだので楽しかったです。 このブログを私が書いていることを言うと、 「なんでお前がそんなことを・・・」とのことでした。 私の答…

はじめまして

都内在住・在勤のサラリーマンです。 6歳と3歳の娘がいます。 私のマンション売買の話、これからの土地・ハウスメーカー探しをはじめ 子どもたちの思い出を書いていこうと思っています。 先日、新築で2012年2月に購入したマンションを売却しました。 もとも…