ゆりまりパパの家ブログ

子どもの話、ミサワホーム蔵のある家の二世帯住宅や日常生活などの話をします。都内在住、7歳と4歳の娘がいます。

羽生結弦さんの名言 努力は嘘をつく

先日、改めて羽生結弦選手の名言を聞く機会がありました。
羽生選手の名言は、作家の五木寛之先生が「真の努力家のみ許される言葉」だとかなり高い評価し話題になりました。

もともとはスポーツ番組でのインタビューでの発言だったのですが全文は以下になります。

 

努力は嘘をつく、でも無駄にはならない。

努力が嘘をつかないんだったらやっぱり練習量を1番している人が
毎回、毎回、優勝できるでしょう。

オリンピックでもどんなに努力している人でも
勝てない時は勝てないんだなと思った。

逆に本当に若い選手が勢いで取っちゃうってことも。
そういう意味で努力っていうものは嘘をつく。
努力の正解を見つけることが大切。

 

「努力」については、私は王監督の言葉をベースに今まで生きてきたので新鮮でした。

王監督は以下のように語っています。

努力は必ず報われる。
もし、報われない努力があるならば、それはまだ努力だと言えない。

 

また、世界のイチロー選手も努力ということは使っていませんが

結果が出ない時、どう自分でいられるか。
決して諦めない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

 

二人とも努力についての名言から、
私は続けることの大切さ、腐らないことが大事なんだなと解釈しています。

また、作家の井上靖さんは以下のように語っている。
努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

うちの会社の周りがそうだなと。。。

 

羽生選手の名言の「努力の正解を見つけることが大切」って答えはなんなんだろう。

f:id:yurimaripapa:20181220134922j:image

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村